Posts Tagged ‘Carrara’

CG覚書:GSUからAnimestudioPro

はるまき Posted in projectMAD, 版権絵, CG技術・3D,Tags: , , , ,
CG覚書:GSUからAnimestudioPro はコメントを受け付けていません。


GSUからAnimestudioにモデルを輸入する覚書です。一枚目右がGSU、左がOBJexportプラグインでASに読み込んだところ。GSUを持っているとは言うものの、致命的にモデリング技術が未熟なのでちょっとややこしい形状になるとすぐさじを投げてしまいます。ぶっちゃけ3Dモデリングをするくらいなら素材を買ったりいただいてきてその時間で作画をしたい。そんでPOSERのとかで似たようなのがないかといろいろ探してたわけですが…

昨日Googleの3Dwarehouse(GSUの素材アップ所)を徘徊してて、とてもよく出来たDBの建物素材を発見したので拝借させていただこうと思います。一応GSUにアップされた時点で商用非商用にかかわらず使用許可が下りてると公的に解釈されるのですが、まあ一応非商用の個人的なMADですしお借りさせていただきます。
今回お借りしたのは、yasan様作のパオズ山住居です。http://sketchup.google.com/3dwarehouse/details?mid=15b30a9fd2378b612c398a3d8cf2ab34。他にもカリン塔武道寺ブルマのホイポイハウスなどとても内部まで作りこまれた素材をアップされておられます。てか私もこの家作ろうと一回したのですが、屋根のカーブがどうしたものかと悩んで(まあフォローミーツールで描いてよすみ持ち上げるんだろうと思うんですが)結局諦めちゃったので…

今回の覚書は、先述の、object exporterというプラグインでモデルをOBJ出力しASに読み込むのと、Carrara8でのリアルレンダ・トゥーンレンダを試みてみようと思います。御興味のある方は続きからどうぞ。


More »

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address

TW納品分

はるまき Posted in 他CG,Tags: , , ,
TW納品分 はコメントを受け付けていません。

 古い順です。

 

上の背景は全部手で描いています。右の奥の山の住宅地はハンスバッハーのブラシ本の中のを白黒ブラシ登録してます。植物の葉も同じくハンスバッハーのだな。下の鎖についてるチャームも白黒ブラシ登録した「アンティーク素材集」のものです。最近はグレースケールの素材をカラーモードでブラシ登録して、グラデ彩色フィルタで色分けってのもちょくちょくやっています。

今3D背景(GSUとかDAZStudioとか、あとVUEも9Pioneerにしてモジュール増やしてこうと思うので)をいかに2Dに使えるように落とし込むかと言うのを(MADがらみですが)いろいろ試行錯誤しているですよ。フライスルーとかウォークスルーとか作らないといけませんからね。AnimeStudioにはステージ上に読み込んだ別の動画の任意のポイントにマーカーを打ったらそこにボーンやレイヤーを追従してくれる(例えば動画上の手にマーカーを打っておけば、自動的に動画の続きでも同じ手のポイントを追従してボーン等配置してくれる)って機能があるのでそういう背景の動きを3Dで作ってトレースさせるってことになるかと思うのですが、昔3Dでレンダして合成って散々やってたけどやっぱり3Dそのままだと加筆しても2D画にはなじまんので、あくまであたりに留めといて最終的には2Dで描かないといけない。のでいろいろ今素材を整理して、いかに省力でそれっぽくなるかと考え中。むずかしー


追記:忘却のかなたから、そうだおいらにはcarrara+Vectorstyle+YAtoon,Toon!proがあったではないかと奇跡的に思い出したのでVUE方向からcarrara方向に舵を切りました。PCの乗換え等でVUE4proのシリアルをうっかり失念してアップグレードのライン上にあったVue6Infまで使えなくなってたので、オブジェクトとかの書き出しどうすんべ…と思ってたのですよ。VUE9にしてEcosystemとかいろいろもろもろそろえてたら必要なだけでも4万くらいかかるし…carrara6pro→8proにして17000円くらいですんで、地形・空・海・樹木・エコシステム的なこと・3Dペイント・物理演算・パーティクル・マルチパスレンダ・トゥーンが出来ればまあ十分かなと。あとは流体シミュとか欲しいところですが。blenderのがいいじゃんって?POSERフィギュアとの連携を重視した結果なのです。

課題である背景アニメ・メカアニメですが、地形とか作って、昔買ったけど飼い殺しにしてたBakerプラグインでシェーダーをテクスチャに落としてOBJ書き出ししてASに持ち出せばいいんですよね。でAS側のカメラでフライスルーとかさせる。3DのOBJにだってボーン仕込んだりパーティクル素材にも使えるし風とかはそうやって表現する。Vectorstyleは乗り物とかをEPSやAIに書き出せるし(まあちょっとASに読み込む前にExpression3で調整とか線つなぎとかしないと使い物になりませんが)必要ならDAZStudioで影ベイクすればよいしね。

まああとは2Dで良いモデルを作るだけです…こないだ良い感じに作ってたのが読み込めなくなっちゃって半泣きになりましたが。また作り直しだよチクショー




このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address

D|S→blender obj透明度やり取り覚書

はるまき Posted in CG技術・3D,Tags: , , ,
D|S→blender obj透明度やり取り覚書 はコメントを受け付けていません。

ほんとに覚書。D|Sで書き出したOBJをblenderに取り込んだあと、そしてまたD|SやVUEにもっていったあと結構透明度の設定でつまずくので

・OBJをblenderに持ってくる前に、D|Sのsurfaceタブで透明度を設定してる材質を確認し控えておくこと
・blenderに持ってきたらだいたいそのへんがおかしくなるので、以下の点を設定しなおすこと
 1.materialタブのA値
 2.Links and PipelineのZtranspをon
 3.テクスチャのmapimageタブのUseAlphaをon、calcalphaをon(JPEGなら。透明度つき画像なら不要)
  NegAlphaをonに(抜き色が逆のため)
 4.まつげ等でへんな影が出来るときは影が透明度を反映してないので、影を受ける側のshaderタブのtrashadowをon
 5.まつげはshadelessにする

これをblenderのobjエクスポートで出力するとまたおかしくなるので以下のように調整
(なおblenderにインポートしてきた際は、D|Sで作成時に作ったMapフォルダの画像をオプションで勝手に検索してくれるが、blenderから出力する際にはなるべくOBJファイルと画像ファイルを同じフォルダに置いた方がトラブルが少ないので、blender作業前に同じフォルダにまとめておくのがいい)

 VUE アルファマップ読み込み、アルファマップ反転
 
 D|S ボディをおこす(X Rotate=270、Y Rotate=180)
     アルファマップを読み込みなおしてその分の透明度を100にする

XSI Mod Toolの場合
 何かインポートしようとしたら「シーンを保存できませんでした」エラーが出て使えない
 なんなんだよ…blenderでxsiエクスポートしたのも読み込めないしさ…

(追記:objでメタセコに持っていき、こちらにリンクのあるメタセコプラグインの「dotXSI」へのエクスポートプラグインを使う
 dotXSIで読み込み
 テクスチャが例のごとくメタセコでもXSIでも指定しなおし。メタセコでOBJインポートする際にはUVのV方向への反転を忘れずに)

追記:メタセコに読み込んでwarabiでそのままエクスポートした結果。テクスチャ自体を作り直すか消してしまって色を新たに作ったほうがよさそう
 warabi.png
ああ、でも何とかやり取りに道筋がついてよかったなあと思う。これで心置きなく今月の仕事も進められるというもんだ。

追記:ついでにおまけ。こないだイベピンでスカジャン描いた名残で悟空に着せてみた
59.jpg

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address

dazソフト(+VUE)連携

はるまき Posted in 日記,Tags: , , ,
dazソフト(+VUE)連携 はコメントを受け付けていません。

 日本時間の5月13日の朝4時くらいまで、dazではHexagon2.5とcarrara6とBryceのセールをやっています。こちら(これはセットですが単品でも安売りをしています)

 私は前にHexagonがプラチナ価格1.99ドルで売られてたときに買っておいてそこからなんとなくアップグレードして放置してたんですが、carraraとhexagon、そしてdazstudioで連携を試みた覚書です。
 ちなみにcarraraも大学生の頃3Dに興味を持ち始めたときに2を買ってアップグレードはしてるものの絶賛放置中だったもったいないソフトです。ついでにbryceも5.0が無料になったときに落として絶賛放置中です。そんなんばっかし。

 まずdazstudio2.1でポーザーモデルをセットアップします。poserのランタイムからVictoria4を呼び出しました。ゼロポーズのままでとりあえずdazstudio形式の拡張子.dazで保存します。
ds1.jpg

一番簡単なのはcarrara6でそのまま.dazファイルを開くことです。そのとき開いていた新規シーンに追加される形でモデルが開きました。なかなか綺麗です。(まあモデルがv4だからかもしれませんが)
carrara内でさらにポーズをつけることも出来ます。
carrara.jpg
何も設定してない状態でレンダリング

(追記:トゥーンレンダリング。上はプラグインYatoon、下はtoon!pro)
carrara-Yatoon.jpg
carrara-toonpro.jpg

で、この状態からcarrara内で編集してもいいんですが、daz2.1(古いバージョンではわからない)にはメニューにじかに「Send to Hexagon」と言うのがあります。それを選ぶと、hexagonが起動します。(H2.5でdazstudioとの連携機能がついたので、ひょっとしたら2.5以前の場合はうまくいかないかもしれません)

hex.jpg
ヘキサゴンで編集してメニューの「file」から「send to daz studio」をクリックすると今度はdazstudio側にすぐに反映されます。これを利用してモーフを作ることも出来るようです。ついでにhexagonは.car形式(carrara生ファイル)でエクスポートすることもできます。

今度は.objでのやり取りを考えてみます。dazstudioのexportでこのように設定して出力してみました。
 
 形式 objファイル
 オプション basicタブ
   ・preset→POSER
   ・Do noto export invi~→チェック
   ・Weld figures →なし
   ・Remove unused vertices →チェック

 オプション Advancedタブ
   ・Swap Y and Z~ →なし
   ・Write UV Coordinates →チェック
   ・Write Normals →チェック
   ・Write Object Statements →チェック
   ・Write Groups →チェックしてUse Node Nameを選択
   ・Write Surfaces →チェックしてCollect Mapsを選択

そしてVueに読み込んだらこうなりました。かなり綺麗です。むしろVueのデフォルトのPOSER取り込みより綺麗かもしれません。
vue.jpg

さらに同じobjファイルをblenderで開いてみました。presetにblenderとあるのですがそれを選ぶと質感とかおかしくなる上に寝転んでしまうので、presetはposerを指定した方がいいようですね。

blenderだとスクリプトでposerのキャラクターファイル(cr2)からボーンつきでインポートできるようなんですが(参照:Render360さん)、私の環境だと途中でpythonのエラーが出てうまくいきませんでした。たぶんpythonのバージョンが違うかなんかなんでしょうけど…
(追記:render360さんのところの記事をよく読むとフィギュアによって読み込めないことが多いそうです。P6以降のフィギュアだと大体失敗してしまうそう。別のスクリプトのやり方でA3はボーンを取り込めましたが、A4、V4はマグネットを多用してるフィギュアのせいかblenderが固まってしまいました。colladaがちゃんと読めればいいのになあ)
blender2.jpg

メタセコに渡す場合は、設定でV方向を反転にして開き、さらにテクスチャを全部指定しなおさないといけないのでかなり面倒です。

というわけで、とりあえずposerモデルを利用してなんかしたいんならdazstudioは導入しとけって話ですね。
使い方とかはdaz|studioで遊ぼうさんや全力HPさんが詳しいと思います。またdazstudioのダウンロードはこちらで無料で出来ます。
将来自分のモデルが出来たらPOSERでキャラにしたら色々使いまわしに出来るのかなあ…とか考えてますが、POSERの服とかって想像以上に設定が大変そうなのでまあそのときはそのときでと言うことで。carraraもblenderでもボーン仕込めますからね。

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address

忘れてたけど

はるまき Posted in CG技術・3D,Tags: ,
忘れてたけど はコメントを受け付けていません。

5月7日から10日まではドラゴンボールの孫家好きにとってはスペシャルデーなのです。毎年過ぎちゃってからファンサイトとか見て(ああ、今年も忘れてたわ…)と後悔するのが常なわたくし。今年はぎりぎり5月10日中に思い出しました。

5月7日…ごしち→悟チチデー(兼結婚記念日)
5月8日…ごは→悟飯デー
5月9日…ごく→悟空デー
5月10日…ごてん→悟天デー

らしいですよ。
ここんところ旦那が連休明けから熱で寝込んでたりで(締め切りも近くなかったし)あんまし絵を描いてなかったのでリハビリがてら描いてみようかなーと。

510.jpg

3日ばかり寝てた旦那ももうすっかり元気で今録画分のアニメを消費してますがな…はよ寝ろ。

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address