黙々と背景を描きつつ近況&セルシスCLIP Lab評価版レビュー

はるまき Post in 版権絵,Tags: , , ,
黙々と背景を描きつつ近況&セルシスCLIP Lab評価版レビュー はコメントを受け付けていません。

TWの仕事で黙々と背景というかマップを描いています…明日まで。明日もバトピン締め切りだし漫画が進みませんごめんなさい後4ページなのにー

今日セルシスから新しいグラフィックアプリのお試し版とやらが出るらしいですが(TwitterのCLIP中の人)なんでしょうな、前々からベータテストしてたMac版でしょうか。いい加減Win版もメモリ周り直してくれんと今描いてるようなでっかい絵だと頻繁に統合とかしないといけないから困るんですが…それともコミスタイラスタ統合かしら。今の要望掲示板になる前やたらめったら要望を出しまくっていくらかはかなったものもありますがブラシ周りとか(特にブラシパターンダイアログ関係使いづれえんだよチクショー)改善した新しいアプリだといいなあ…まあリリースされたらちょっとだけ(Macじゃなかったら)試してみましょうか。某大掲示板で規制ずっと食らってるのでかなわん。ちなみにこないだDazスレで質問っぽいの出てましたが、うちの環境でDAZモデルをポズスタに取り込むとやはり多少重いです。扱えないほどじゃないけどね、まあうちではそんなにポズスタ内でぐりぐり動かすことしないんで

<追記>リリースされましたね、CLIP PAINT Lab。http://www.clip-studio.com/site/pr/pl/
ちょっとだけ試してみたので感想と要望と覚書をアコーディオンの中に…

・新エンジン自体はとても軽くていいと思います。レイヤー増やしてみてないので重い絵を開いたらどうなるかわかりませんがとりあえず2000pxのブラシでもさくさく動くのはとても良いと重います、まあ普段そこまででかいブラシなんて使わないのですが。

・ちょっとだけ期待してたアニメ機能は当然なし。今の段階ではコミスタと統合というのでもない。3Dもないしイラスタのさわり部分くらいの機能です。

・ブラシカスタマイズはかなりフォトショに近づきました。要望出してたのですが複数要素(筆圧×ランダム×傾き等)でブラシのコントロールが細かく指定できるようになったのは嬉しいです。これで基本ブラシ向きをブラシ方向に沿いつつもわずかにランダマイズさせるとかいうことが可能になるはずです。ただ今の段階ではなぜか向き・硬さ・水彩色延びの項目が筆圧などで制御できないのでそれはとても困ります。あと今のところブラシパターンは全く利用できずブラシ先は円のみしかつかえないようです。個人的にそこが重要なんだが…

ツールとしては今のところ描画系はペン(普通のペンとマジックペンとに分かれている)・鉛筆・筆(水彩と油彩と分かれている)・エアブラシ・消しゴム・色混ぜ・塗りつぶしバケツ・図形。選択は従来の投げ縄・図形範囲に加えSAIのような選択ペンが加わりました。ごみ取り・覆い焼き・焼きこみ・スタンプ・閉鎖域フィル・パターンブラシは未実装。グラデーション・等高線塗りもまだ。

どういうアレなんだかわからないですが、全ての描画系ツールでエアブラシの散布と、水彩がつかえます(ペン・消しゴムですら使えるのです)。図形を普通に描いても、点描風とかに描けちゃったりする。微妙にありがたいような…パターン使えるようになったらすごくありがたいと思うんだけど今の段階ではどうなのこれ

図形ではイラスタスレで従来要望の多かった、投げ縄塗り(くりっと選択ツールのように囲んだらそこが塗りつぶされる)が搭載されました。これは嬉しい。図形に従来ある定規機能・パスはまだ全くついていませんが、コマ枠を切る機能がついたところを見ると、やはりCLIP Labはイラスタとコミスタをある程度統合する目的のソフトなのかもしれません。ふきだしいれとかテキストツール・ページ管理は今のところついていませんが。

・ですがベクターレイヤーというものがなぜか今のところありません。従来のラスターカラーレイヤーのみが「書き込みレイヤー」という名称でつくれるのみです。よって従来のベクターペンにまつわる線編集・線幅修正等のツールもまだ搭載されていません。
おい…ベクターどうなるの…ベクター交点消去つかえなかったら極端な話SAIでもいいんだぞ…

ラスターグレイ・ラスター黒(なぜ白黒が無い!白黒ブラシパターン作れなくなるじゃん!)はレイヤー作成時に指定できるけれどあとからは変更できない(まだレイヤーの変換が使えないので)というなんとも中途半端感。グレイ・黒レイヤーでも合成方法が直で指定できるようになったのはいいのですが。これらのレイヤーカラーの指定もWin従来の色指定ダイアログでまだ練ってないっぽい。パターンも従来のトーンレイヤー的なものではなく、画像を読み込んで単純にタイリングするだけで素材の使いまわしとかあまりまだ考えてないっぽい。この辺はこれからに期待するしかありません。

・レイヤーマスクはフォトショライクになりました。つまりマスキングレイヤーというものが今のところ無いのです(レイヤーとフォルダにはそれぞれマスクがかけられるけれど)。これも個人的には非常に困る。参照レイヤー・クリッピングレイヤーはつかえます。合成方法には減算が増えたのみですか…カラーと彩度が欲しかったな…

ちなみにレイヤーの合成方法にはありませんが描画系ツールの色合成方法には消去・背景・透明度置換というのがあって、「背景」を選択すると勝手にそこまで書いた分の透明度を保護しつつ背面に描くようにしてくれます。ちょっと便利。

・色まわりは、カラーパレット・カラースライダー・カラーセットのみで従来とほとんど変わりません。カラーガイドは未実装。ですがなぜかA値スライダーが消えました。ちょ…マジでそれ困るんだけど

・あとパレットが位置がいじれないのはどうにも困る。(パレット内のリブ(例:カラースライダーパレットの重なったリブ)は動かせますが)当然イラスタでやってるようなツールパレットにずらっとアイコン並べるってのも今は無理。

ええつまり期待は出来るけどまだ使い物にはならないって感じです。頑張れセルシス、頑張れ。そしてプラグインでいいからコミスタとレタスの機能組み込めるようにして、POWERTONEとかも。今日明日は無理だけどそのうち要望だしまくってやりますよ。しかしMacの人は春にはイラスタ使えるようになりますよって言っててベータテストして出来てきてるのこれって怒りませんかね…</追記終わり>


ところで、大阪駅のリニューアルオープンもなんだか春ばたばたしてるうちに終わりましたね。大阪市北区民になってもう5年以上たつわけですが、大阪駅周辺の開発のスピード感はすげーなあ。しかしまあ大阪ステーションシティって、無いよりはましなのですがロフトも無印も三省堂書店も微妙に中途半端なので、やっぱり物を探しに行こうと思ったら茶屋町とかのでっかいほうの店舗に行かないといけないのよね…乗り換え時やヨドバシのついでに立ち寄るにはいいですけどね。

それだけじゃなんなのでなんとも中途半端になっている落書き…

こないだの立夏(6日か7日だったかな)に描きかけたDQ9のリッカ。

  

シブの私のスタックフィードをご覧の方はお分かりでしょうけど、実は最近好きなハンコック。真面目に描こうと思って半端になっているけど… 



 ついでですがこないだこんなPOSERのポーズ素材をレンダロで買ったわけで(苦笑)
 Anime Super Warrior Poses

Michael4用のポーズ素材です。いろいろDBっぽいポーズを作ってくれているのでちょっとDazStudioで瞬間移動とかめはめ波をしてもらいました(笑)こないだDAZのマーチマッドネスで買った筋肉マップをあてるとこんな感じなので(Posemaniacsさんで使ってるみたいなやつね)筋肉わかりやすくてよかろう…renderotica(18禁閲覧注意)でエロポーズ集もチョコチョコ買いためてるけど活かせる日は来るのであろうか、特に3Pとか。

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address « Prev: :Next »

Comments are closed.