Posts Tagged ‘漫画’

キャノプリ2話目見本

はるまき Posted in 他CG, ,Tags: , , ,
キャノプリ2話目見本 はコメントを受け付けていません。

29日発売のキャノプリコミック(18禁コンビニ誌)に載る分の見本です。(数少ないエロの無い頁)クリックでもうちょっと大きくなります。
1話目で応援いただいた方本当にありがとうございました。お陰さまで(とりあえず)連載です。2話目、全18ページ、前回の2年前1563年の話。
なのでちょっと2人とも顔が違う…のです、多分(苦笑)
宜しければ18歳以上の方はご覧いただければ幸いです。またDMMの電子書籍で個別の販売ページが出来れば、1話と同じくブログの右柱に追加いたします

2012-06-29追記)DMMで2話目の販売が始まりました。こちらから「忍ぶれど艶は」(2)(18禁注意)宜しければご購入お願いします

ところで前に言ってましたが、雑誌に作品が載ってるうちは裏パスを公開しようかなとは思うのですが…しかし現在は隔月連載だからよいとしてもひょっとすると(忍ぶとは別に)なんかあるかもしれないので、ちょいとどうしたもんかと今悩み中です。また月変わったらその辺ちゃんと決めたいと思います。蒸し暑いから窓開けて寝てたら風邪引いてしもたがな…計画停電もはよどうなるか決めてくれよ関電よ

>>More以降(うちの裏領域、要pass(こないだDB裏小説追加したときに変更してます))に裏も2枚置いてますが、pixivの垢持ってる18歳以上の方はこちらでもご覧いただけますよ(年齢確認あり)
モザイクのかかり方は掲載時とは異なります

まあ相変わらずいろいろ考証おかしいところあると思うのですが…
・扇の扱いはもうちょっとちゃんと調べりゃよかった
・今回は余り手書き影つかわずグレーで影を主につけてるのですがやりすぎかもしれない
・暦上、雪もうちょっと積もらせてりゃよかったか?
・一条の信龍やんは傾奇ものなんだからもうちょっと派手にすりゃよかった、これからかぶいてこう
・望月の千代女ねーやんはお歯黒がなんか半端だよな…
ってのがとりあえず反省。

この家は基本的に外観はアニメの「あの夏」に出てくるのと同じ長野特有の本棟造りの某旧家を参照してるのですが、ああいう屋根てっぺんの雀威しと呼ばれる飾りは江戸期から発展してきたものなのでとっぱらい、もうちょっと時代がさかのぼった本棟造りの発祥期のとなんとなくミックスしてます。本棟造りは東信地方よりはもうちょっと長野の中南部に多いんですけどここんちの主がそこらへん出身なのでってことで。
しかし望月城(一応縄張り図は見ましたが建物は完全に想像)と同じく色々おかしい点はあると思います。スミマセン More »

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address

漫画デビゥ&おまけカット

はるまき Posted in 他CG,Tags: , , ,
漫画デビゥ&おまけカット はコメントを受け付けていません。

ちぅわけで、今日1月28日発売のキャノプリコミック(18禁コンビニ雑誌)に、「忍ぶれど艶は」って16ページの漫画が載りました。「晴永牧兎」って名前で描いてますっ。一応商業誌デビュー作ってことになります。

なんせ18禁なんでここに持ってこれるページが少なくて参った…pixivの方ではまた裏ページ使って宣伝させていただきますが>>こちらからどうぞ

2012-03-06追記)DMM.comで電子書籍としてDL販売してるみたいですね、知りませんでした…うへぇ。(追記:お陰さまで連載になります。DMM.comで販売している第一回はこちらです。(18禁・年齢確認ありページ))

2012-03-06追記)続きに裏の分(1&3ページ目)を追加しておきました。pixivに載ってるのと同じです。(要裏pass)

 

 

 

  戦国期の、歩き巫女さんに化けたくのいちとその相方の漫画なんですが、載るまでに結構紆余曲折があったのでまだ本当に載ってるのかいまいち信じられん…(見本まだ貰ってないしコンビニに買いに行ってないし)なんせオリジナルでちゃんとページ数のある漫画描いたのほぼ初めてのことなので、お声をかけていただいた担当さんには大感謝です。一応続きはあるんですが続くかどうかはアンケートのみぞ知る、って状態なので、もし気に入っていただけたならその旨キャノプリさんのほうに伝えちゃってくださいな。
 あとはもっとエロを追及せないかんですなー、エロ漫画としては。

2012-04-22追記:おかげさまで(多分)夏より連載開始です!アンケ送ってくださった方ありがとうございます、頑張ります!

<ちょい解説&言い訳>
・なぜ奈良が舞台か
 育った地元だからです。斑鳩→郡山に住んでたのでふいんきわかるかな、って感じ。話の中では矢田丘陵あたりにいて、上に出てくる神社は松尾山にあるお宮さんをイメージして描いてます(作中で明言すると怒られそうなことしてるしイメージだけ。めっちゃ慌ててたので神社建築がえらい適当になってしまって情けないっす)ガキの頃よく父親にハイキングに連れてもらってましたなあ
 後々は松永久秀とか筒井順慶とか、まあそんな大和の武将を描きたいと思ってたりするですがやっぱりそれはアンケのみぞ知る。

・時代考証がイマイチな点がいろいろ。 
 本当はこの時代の巫女は、現代みたいないわゆる赤い行灯袴は穿いていないのです。そもそも行灯袴っつーのは明治の頃に、長い丈の着物着る上に穿くのに邪魔にならないように股の部分を縫い合わせないように工夫されたもんですので…でも実はそれ知ったのおとつい…ギャフン。最初の段階ではまちつきで描いてたのに途中で直しちゃったんだけど直さなきゃ良かったぜ…
 それと信濃の歩き巫女(ノノウ)っつーのは、緋袴じゃなくって本来はこんな(↓1枚目)感じで、尻っからげた着物の下に白い湯文字(腰巻)を出して歩いてたので、俗に白湯文字と呼ばれてたんですよ。でも巫女ってわかりづらいのでこの話では緋袴穿かせたんですよね…京都の時代装束博物館みたいなところのHPで戦国期の出雲の歩き巫女は緋袴穿いてたから…まあ続きがあるなら一応言い訳みたいな事考えてるので描けると思いますが。

 年末にNHKのタイムスクープハンターで丁度歩き巫女のネタやってたのですが、話自体は去年の秋からネーム出して詰めてたんでした。放送してたときはペン入れ仕上げの修羅場中で音だけ聞いてたのですが、おいしいと思うやら複雑やらwでもまあこういう地に足ついた宗教とかの姿って洋の東西を問わず私にとっては興味深いネタなので(この前に没ったのも西洋ものだけどそんなテーマだったし)また機会がいただけるならもっと勉強してもっとちゃんと描きたいと思うのであります。前の正月には甲賀、この正月には偶然伊賀あたり立ち寄ったのですが、また改めて忍者屋敷とか行きたいもんですな。

 

以下おまけで2,3日前描いてた落書き。半月くらい描いてなかったら顔忘れかけてた(苦笑)

 

 

 

 

 

 

追記)カラーで清書しました

追記)続きに裏の分(1&3ページ目)を追加しておきました。pixivに載ってるのと同じです。(要裏pass)

More »

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address

あけましておめでとうございます

はるまき Posted in 版権絵,Tags: ,
あけましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

大変遅くなりましたがあけましておめでとうございます。正月は例年のように婚家で旅行に連れて行っていただき、お伊勢さんに参ってきました。今年はどうか災害もなく穏やかな年でありますよう。年賀状は結局今年はギブアップしました、ごめんなさい。また御返事のほうは寒中見舞いででも出せればと思います…

2週間ほどはぼけーっと本読んだりASのほういじってたりしてたんですがようやく絵を描く余裕が出てきたので(仕事が終わるとチャージ期間が長い…)おとついあたりから裏漫画のペン入れを始めました。進んだらまあ大体そのつどこっそりそこまででアップしています。
前の締め切りでいろいろまだ環境とかアクションとか素材とか作業工程とか、要するに自分の中でデジ漫画の手法が固まっておらずえらいことになったので、ブラシを登録したりだの色んなアクション作ったりだのしたりですな。モノクロっつーか、漫画そのものを描いてる数が絶対的に少ないので(いわゆる同人誌活動を全くしてないため)経験が足らんのがいかんのです。次の商業の仕事…があれば…はもっとおちついて早く描けるようにする。風邪引かないようにする。頑張る。ああ今月末(に載るのです、また来週お知らせします)が怖い。

そんなわけで上の背景は今までにも増してパターンブラシの鬼状態です。アクションで線分離して線幅調整とかいろいろしてますけどね。でもCLIPSTUDIOが出て移行したらまた調整しなおしなのか…今年もおそらくセルシス製品との戦いは続くのでしょうなあ。


2012-01-24追記:起部分4Pまで出来てます。こちらから(起部分のみ)

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address