DB落書き祭り5

calendar

reload

db-rough11.jpg

 仕事の途中だけどデッサンでちょっとつまずいてるので、落書きで肩慣らし。今日はうちの小説から一応こういう格好ですみたいなところ描いてみた。S8で悟空が着てるのは胴着の上からロングの濃紺のベンチコートみたいなやつ。綿入り。裏フリース。マフラーは薄い黄色の縄編みでチチの手編み。悟飯ちゃんもおそろい。悟飯ちゃんは下にセーターと裏フリースのズボン。茶色のブーツ。どーでもいいやね。でも冬の服装考えるのは好き。

 今日は本屋に行って、新潮文庫の夏のキャンペーンやってたので久しぶりに文庫買ってきたです。本屋でバイトしてた時分はあの各出版社の夏の文庫フェアって場所食ってうぜえとか思ってたんですが。今年は新潮文庫は2冊分の応募券を送ったらヨンヨンパンダのエコバッグがもらえるというのでつい…
 てかあのパンダ好きなんですよ。大手本屋に行って販促用の大きな人形が置いてあるとついナデナデしてしまう。それに実は昔文庫カバーについてる応募券ためてもらったんです、結構大きなソフビ人形…何枚だったっけ、50枚は少なくとも要ったよ…トートバッグももらったっけな。

 まあ最近書いてた分また読まないとねえ。普段はほとんど読書はしません。食わず嫌いでジャンルが偏りすぎです。小説よりは薀蓄ものとか雑学ものばっかり読んでる(こないだの県境の謎はなかなかおもろかった)し、小説は歴史ものぐらいしか読まないんだ、これが。去年はうちの旦那の持ってたロードス島戦記一気したっけかな。
 ウチの旦那は読書傾向は私と違ってSFだけど、好きなアニメとか話のタイプが私と似てるのでそこがいいです。二人とも設定厨と言うか、「大きな嘘である世界観を構築するために、小さな嘘であるきちんとした設定をどれだけきちんと構築できるかが作劇の面白さ」というタイプの人間なんで。そんでその世界観をおしつけず、その中でどんだけ人間の軽さ、というか哀しさというか、それが自然に描けるかと言うところが肝なんですよ。
 付き合い始めの頃カウボーイビバップがTVでやってたんですが、思えば、この人いいなあと思ったのはそれが二人ともの感性にあってたからだった…ちょっと遠い目をしてみる。結婚してからも結構旦那の好きなアニメとかに影響されてますわ、私。またビバップ見たくなってきたやん。

 私が好きなのは久美沙織氏・小野不由美氏・佐藤賢一氏(傭兵ピエールの人。なんか読書幅が狭いことが伺えるチョイスでしょ)で、佐藤氏のは大体読んで、こないだ「ジャンヌ・ダルク、またはロメ」を読んだところ。氷室さんの銀金は途中になってるわ。
 今日買ってきたのは「西の魔女が死んだ」と「楽隊のうさぎ」です。吹奏楽(私は弦楽器だったのでブラバンともいえないんですが)をやってたのでブラバンとかが題材だとやっぱり興味があります。けっこう作者を気に入るとがーっとその人のばっかり読むので、次は宮部みゆきさんと酒見賢一さんに挑戦してみたいと思う。

追記:楽隊のうさぎ、ちらっと読み始めたところだけど面白いです。文体が好みだ。西の魔女も、私年寄りが死ぬ話ってもう無条件に泣きそうになるので(タイトル出てこないけどこないだやってたアニメでもやばかった…あの霊感ある姉妹の話ですよ)…とりあえずどっちも仕事終わってからゆっくり読もうと思う。
 今日のBGMはニコニコのハイテンションになる洋楽詰め合わせ。日本語の曲よりは洋楽(ついでに男性ボーカル)が好きだけど、ホント自分でも情けないくらい曲知らんのよね。自分で買うCDがたいていゲーム音楽とかってのがもうね。今ピアノで息抜きに練習してるのも聖剣3だし。swivel(黄金街道の曲)好きだけど難しい!

このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加Clip to Evernoteこのエントリをmixiチェックする
旧サイト拍手数 拍手する このエントリーをはてなブックマークに追加 (OLD) (NEW) USER | E-Mail this post address E-Mail this post address